MetaTraderを使ってFXの完全自動売買をしています。FX業者はBroco。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
オプティマルfについて

本日はオプティマルfについて。

先日ひょんなことからラルフ・ビンス著「投資家のためのマネーマネジメント」を購入し、オプティマルfの勉強をしています。
これを使うと資産が幾何級数的に増大するそうですが、実際に適用するためにはシステムの期待値が正であること、いわゆる儲かるシステムを運用していることが前提条件です。期待値が負の場合はいくら頑張っても遅かれ早かれいずれは破産すること、逆にシステムの期待値が正であっても常に資産が増大するとは限らず、適切な運用をすることが必要だということをこの本は説いています。

実際にシステムトレードをやっている方なら骨身にしみていることでしょうが、おそらくそういう「期待値がプラスになるシステム」を探すことが大変難しくて、ここで大部分のシステムがつまずきそうです。聖杯はまだ見つかっておらず(私が知らないだけかもしれませんが)、本当に期待値が正のシステムを探すことはトレードの至上命題です。オプティマルfによる資産の最大化はその後の話になります。

単に「これはいい!」とひらめいてバックテストもOK、しかしリアル口座で試してみたらグダグダだった、というシステムはたくさんあります。私自身、Brocoで昨年12月からリアル口座で自動売買を取引して以来、実際に稼動したEAの実績は以下の通りです。

バックテストを通過し、リアルで運用を試したEAの総数:25 実運用の結果成績不良で稼動を停止したEAの数:18
とりあえずプラスの成績で収まっているEAの数:3
現在評価中につきどうなるか分からないEAの数:4

実に7割以上失敗しました。しかも現在プラスで推移している3個のEAも未来永劫プラスを続ける保証はありません。

話をオプティマルfに戻して、オプティマルfの使い方を調べてみます。

結論から言うと、MetaTrader4の場合次式で示すLot数でエントリーするのがベストだとビンスは主張します。

 Lot = (現在資産)×(オプティマルf)÷(1ロット当りの最大損失額の絶対値)

このLot数より多く張るとオーバートレードで損益が不安定になり、少なく張ると資産が幾何級数的に増大するスピードが遅くなります。

では肝心のオプティマルfはどうやって求めるかというと詳細は省きますが、Excelで計算するのが便利です。とりあえずプラスの成績で収まっている3個のEAのうちEA番号1024というEAでオプティマルfを計算したところ、0.18を得ました。

 EA1024 … 取引数65、37勝28敗(勝率57%)、プロフィットファクター1.53

1Lotあたりの最大損失額は実績から-700ドル/lotであることが簡単に分かっているので、例えば資産1万ドルのとき運用すべきLot数は上の式に代入して次のとおりになります。

 Lot = 10000×0.18÷700 = 2.57

なんと、オプティマルfを使うと「1万ドルを持っているときは2.57 Lotでエントリーせよ」と言っているわけです。すごい賭け率です。どのくらいすごいかというと、このLot数で取引すると1回で約1,300ドル増減します。つまり資金の13%をリスクにさらせと 言っているのと同じことです。私などはチキンですからリスク10%なんて論外で通常は1〜2%でちまちま取引しています。だから勝てないのか?(笑)

しかしオプティマルf=0.18は定数ではなく、取引を進めるにつれて微妙に変化していきます。これが曲者です。例えば前述のEA1024の場合、実際のオプティマルfは次のように変化していきました。

年月日 オプティマルf 取引数 最大損失額
(USD/lot)
期待値
(USD/lot)
2009/12/31 0.01 6 -570 -146
2010/1/31 0.09 15 -578 +46
2010/2/28 0.25 33 -620 +121
2010/3/31 0.18 52 -620 +90
2010/4/30 0.16 64 -700 +71
2010/5/6 0.18 65 -700 +78

オプティマルfは今日あすにはそれほど変わらないかもしれませんが、月単位、年単位でみると割と変わるようなのでその都度見直しが必要になります。それからオプティマルfの右側は危険領域です。下手すると資産の大半を失う恐れがあります。しかし左側は複利の恩恵が少なくなるだけで資産を一気に失うことはありません。ですからオプティマルfの値をそのまま使うのではなくハーフf(オプティマルfの1/2)、またはクオーターfを使うのが資産保護の観点から安全かもしれません。

そもそも今回計算したオプティマルfの値が本当に将来もこの値のまま続くかどうか予測は不可能なのですから、気がついたらオーバートレードになっていたという事態だけは絶対に避けるべきです。そのためにオプティマルfをフルに使用せずハーフfまたはクオーターfにして安全サイドで取引しそのために複利の恩恵が多少犠牲になるのは致し方ないと私は思います。


↓よろしければ是非クリックをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ



 FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

| ☆のんき☆ | 稼働中のEA | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゼロバランスindicator作成しました
ゼロバランスのインジケーターを作成しました。
下図がそのサンプルです。

ゼロバランス画像サンプル

水色がゼロバランス値、黄色がIR高値/安値です。
オレンジ色が今後得られるであろうゼロバランス曲線の予想値です。この値を取るのは確実ですが、「いつ」この値になるのかは値動き次第で、わかりません。
また、黄緑色の点が、直近のIR高値/安値が決定したタイミングを表しています。

これをどう使うか、今から考え中です。

ちなみにこういうインジケーターがほしい人って、いらっしゃいますか?

 
↓よろしければ是非クリックをお願いします
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

| ☆のんき☆ | 稼働中のEA | 11:50 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
Off quotes発生
昨日、下図のようなOff quotesがポン円で発生しました。今までInstaforexでOff quotesを経験したことがなかったのに、ショック!

5/13のoff quotes


Journalをよく見ると、サーバーは3分間がんばった末、結局取引に至らなかったようです。
チャートも調べたところ、この時刻は値動きが一方的だったので相手先が見つからなかったんでしょうか、結局のところ詳細は不明です。

ちなみにGBPJPYのスプレッドは、このときは7でした。AskとBid両方チェックしたので、Instaforexのズル(?)は大丈夫だと思います。

ああ〜、このとき取引成立していたらプラス107pipsでした! くやしいですが、いまさら過ぎたことを言ってもしょうがないし。

対策として、スリッページを5から10に増やしました。

このEAはNL 1という名前なんですけど、中期トレンドフォロータイプなのでスリッページはあまり影響しません。バックテストで大丈夫なことを確認してから再稼働させました。

ついでにパラメーター見直しも実施してしまいました。時々メンテナンスしないと、だんだん儲けが少なくなったりすることがありますからね。裏目になることもありますけど(笑)。将来の予測なんか無理ですから、確率で生きます。


にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

FXランキング
FXランキング

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
| ☆のんき☆ | 稼働中のEA | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CATEGORIES
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
おすすめリンク
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
クリックお願いします
カウンター
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
このページの先頭へ